2014年09月10日

この日のdccは斯く如し…うんち食う編

何故かウチにdccがあるんですよ。
MDと共に全く興味は無かったのですが、ふとオクにてmarantz製dccを見かけまして、
更にソレが“アヒル七”搭載と来たその日には、まぁ手に入れるしかないかと。
ジャンクでしたが、最悪dcc部分が動かなくても、DACとして使用できるらしいので。

手に入れたのはDD-82と言う機種なのです。
Philips DCC900 や PANASONIC RS-DC10 と全く同一と思われがちですが、
実は一部異なります。
メカは配置以外ほぼ同一なのですが、肝心要のDAC部分が異なります。
marantz以外は、SAA7350のみの使用ですが、DD-82はTDA1547付加で
所謂“アヒル七”構成となってます。
上位機種にDD-92がありますが、DD-82と色以外何が違うのかは、今の所不明です。
DD-92は稀にオクに出現しますが、結構高値になりますね。

さて、その機体が完動品になるまではかなり長い道のりとなりましたので、
今回は小分けにしてエントリーしようかと。

まずは、殆ど語られることのない(多分この先も)、技術的な仕様などを語ってみようかと。
dccと言えば、デジタルテープ媒体の代表格のDATとは違い、固定ヘッドとなってます。
ヘッドを回転させずに、どうやって大量のBITデータを処理しているかと言いますと、
録再ヘッドだとこんな感じになります。
DCC1.jpg
上半分がデジタル処理用、下半分がアナログ処理用です。
なので、オートリバースしようとすると、従来どおりヘッドを回転させなければなりません。
アナログテープとの互換を考えなければ、上から下まで全部デジタル用のブロックにすれば、
回転させなくても良いんですけど。
(※RQ-DR9はどうなってるんだろう?リバース不可なの?)

半導体ヘッドですので、帯磁しませんので、消磁の必要はありません。
ってか消磁器使ったら下手したらヘッドが死にかねません。
たまにオクで、「メンテナンス済み、なんとヘッド消磁済み」と書いたdccが出品されてますが、
如何なモンでしょうねぇ。
ってか今更買う人も居ないと思いますが。
ってか仕組みも知らずにどうやってメンテしたんだ?

さらに細かく見ると、このように。
DCC2.jpg
ええ、ある意味懐かしの8トラです、正確には9トラですが。
音楽用データが8トラック使用、残りは所謂TOCとかが使用します。
音楽用データトラックは、1フレームにつき 12,288Byte
内訳は、
・純粋な音楽データ 8,192Byte
・補正用のパリティ等 3,968Byte
・著作権情報なと付加情報 128Byte
となってます。
上図のように、各フレームは同じトラックに連続して書き込まれることはありません。
テープですので、オレヨレ等によるドロップアウトは避けれませんので、そのリスク分散です。

圧縮方式がどうたらこうたらとかは、修理する上ではほぼ無関係なので割愛。
posted by しまりす at 18:20| Comment(0) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする