2010年07月26日

この日はGX-F51がやってきました

全国2ヘッドでオートキャリブレーションファンの皆さん、そんな人いるかなぁ?
メカ異音・不動315円也、
ジャンクマランツ軍団は…しばらくお待ちください。
2010-07-26_21.21.23_DCP_7445_640.jpg
なんてこたない、御なじみピンチアーム固着&アイドラ劣化。
以上、仮動作まで持って行きました。

このデッキ、こちらに引っ越して来てドフ巡りを始めてから約1.5年間
ずっ〜と315円のまま放置されておりました。
気にはなってたのですが、何故かと言えば
”2ヘッドオートキャリブレーション”だから。

コトの始まりはこの記事の、とある先輩のコメント
「2ヘッドでオートチューニング内蔵のKD-A66は中途半端だなあと
思っていましたが、それを思うと2ヘッド機こそオートチューニングが
便利だと思えます。」

そうです、そうなのです。
かつてナカミチCR-20を愛用していた頃、いつもチューナーの局間ノイズで
一生懸命BIAS調整をしていたあの頃。。。
ああGX-F51を買っとけば良かった、かなぁ?

さて、仮動作で音を聞いてみました。
結論、2ヘッド最強(爆)
理由
1.2ヘッドだから、ツインフィールドSUPER GXがカッコいい。
2.実は2ヘッドなのに、DD
3.そして2ヘッドなのに、オートキャリブレーション
音は Nakamichi 480より美しくはありません、でもGX-R66より美しい。
そして、GX-Z9100より元気(笑)
スタイルは、、、Nakamichi 480は比ではありません。
才色兼備、トータルで2ヘッド最強を認定いたしました。
コレを若かりし頃に新品で使われていた某栗鼠氏が、チョッとうらやましかったりして。

あの頃のデッキで2ヘッドオートキャリブレーションって
KD-A66とGX-F51以外に存在するのでしょうか?知ってる方、おしえて!

posted by しまりす at 22:03| Comment(4) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちにあるまだ修理してない(音がものすごく揺れる)Technics RS-BX501は525円オートリバースですがオートキャリブレーションですよ!ボタンを一つ押すだけの超かんたん操作です。典型的なデフレデッキですがちゃんとフラットな音になります。あの頃かどうかは…。違うと思います。
Posted by mymy at 2010年07月27日 01:03
お〜、RS-BX501お持ちでしたか!
2ヘッドオートキャリブレーションと言うことでチェックしてました。
オクで200円でずっと出てるんですよね、気にはなっているのですが…
是非、今度ブログの方で紹介してください。
Posted by しまりす at 2010年07月27日 23:49
501は…。ラジカセのメカがほとんどそのままデッキになったような感じです。動作音も筐体内でひびくひびく…(笑)。キャプスタンも非メッキでつや消し、カセット部も照明なしです。オートリバースであって、クイックではありません。でも安ければ楽しめるかもです。(何を?)
ほんとはある機種の部品取りとして525円で入手したものですが、その機種は…。また紹介します。
Posted by mymy at 2010年07月29日 00:24
501載せました。またご覧ください。
Posted by mymy at 2010年11月16日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: