2005年11月06日

つくもの湯 極楽湯 尼崎店

お店のHP
泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性・中性・高温泉)
主成分は、
ナトリウム:約640mg/kg
炭酸水素:約700mg/kg
塩素(クロール):約700mg/kg
(正式な主成分は後日掲載予定)

この主成分を見る限りでは、とっても良質な温泉が期待できるハズなんだけどね。

掛け流しの浴槽とやらがあったんだけど。
9割水で薄めても、掛け流しって言っていいもんだろうか?
確かに"掛け流し"の厳密な定義ってないけどさぁ、コリャやりすぎでしょ?

清潔なのはイイんだけどね。
まぁコレで"源泉掛け流しダッ"って喜んでる人が多いだろうから問題にゃならんのだろ〜けんどね。
他の本当の意味での源泉掛け流しをやってる所に対して、非常に失礼だと思いなさい。
極楽湯、改め、極悪湯。
まぁ、一生懸命やってる方がバカを見るこのご時世で、
結果として生き残るのは、この手の非常に失礼なヤカラだけどね。
ココの経営者には、灘温泉の浴槽の垢を煎じたモンを飲ませて差し上げたいですな。

今回は温泉博士の世話にはなっとりません、実費。
夜中の1時に行ったんで、空いとりました。
なので、単なるフロとしては結構ユルリとできたわけで。
posted by しまりす at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ココは広さだけがトリエですね。
洞窟風呂がチョット面白かったです。
・・・でもすぐ退出しましたケド(^_^;)
Posted by ピ〜太 at 2005年11月25日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック