2015年06月22日

旅する個室、旅する食堂

2003-07-29_18.55.00_F1000106.jpg
寝台列車というものが、結構好きだったりします。
といっても寝台列車なら何でも良い訳でもなく、
“2人用個室”・“食堂車”・“ロビーカー”の3点セットが揃っているものに限られます。
近年では、「北斗星」・「カシオペア」・「トワイライトエクスプレス」の3つしかなく、
「トワイライト」は既に終了、年内には全滅といってもよいかもしれないです。
「ななつ星」などは、金額的に論外です。内容的にも旅人には関係なく、
金持ちの暇つぶし道楽用お召し列車であるので、鉄道史的にも全く無価値かと。
音楽を聴くと言う趣向から大きく逸脱した、無意味な超高級オーディオに似ていなくもない。

で、一体何が好きだったのかと言うと、
・移動する電車の中に一室があり、流れる車窓を見ながら一晩過ごす現実の中の非現実。
・移動する電車の中で、流れる夜景を眺めながら食べる夕食とお茶、
 何事もなく流れる異郷の朝景を眺めながら食べる朝食。
・寛ぐためだけにある、だけど何故か車内にあるロビー。
無理やりまとめると、あるべき場所ではない所に何故かある、組み合わせの妙なのかもしれません。
旅先にスタバ、旅先にイオンを求める人達が多いこのご時勢、理解は得られないと思います。

そう、間違っても寝台列車に求めはならないのは、
・ゆっくり寝る。(しこたまゆれる列車でぐっすり寝れるのはかなりの強者だけ)
・超美味しい料理。(狭くて揺れる厨房で、んなモン作るのは至難の業。
 でも、プレヤデスは美味かった。)
そう、列車にコレらを求めるのは、畠山選手に盗塁を求めるようなモンです。

短い豪華寝台列車の歴史の中、その季節を生きる事のできた自分は、
トライライトエクスプレス「スイート・ロイヤル」
北斗星「ツインDX・デュエット」
カシオペア「メゾネットスイート・カシオペアツイン」
と乗車する事が叶いました。
常に一緒に旅してくれるお嫁さんがいた事、
そしてこの先、乗りたくても乗れない事を思えば、かなり幸福であったと思えます。

廃止になった今でこそ明かせますが、プラチナチケットであるはずの
トライライト・スイートが取れた理由。
実は、JR西日本の旅行代理店のとある支店に行って一言、
「新婚旅行です」と言えば、なんとスイート事前枠が降ってわいて来るのです。
但し、挙式プランを申し込む必要はありますが。
ウチは小さな挙式プランでしたので、実に格安でスイートに乗れたのでした。
まぁ、人生で1度しか使えない手ですが、安価で確実にスイートに乗れる
唯一の方法だったのかもしれません。

スイートといえば最高級、と思われている方も多いかと思います。
当方も昔はそう勘違いしておりました。
以下、現役ドアマン彩雲4号さんのブログ
(大船モノレール休止中ではお世話になりました)より引用
“よく「スイートルーム=最高級部屋」と誤解されますが、
寝室とパーラー(リビング)と分かれているのがスイートなんです。
なので分かれていれば高級じゃなくても「スイートルーム」なのです。”


そう、だからこそカシオペア・メゾネットスイートはスイートであり、
北斗星最高級の個室はロイヤルなのです。

6/8、上野発北斗星へ乗車。残りの人生は長けれど、これが最後の豪華寝台での旅。
ロイヤルの夢は、ヨーロピアンロフトに引き継がれる。
clip_1.jpg
posted by しまりす at 12:19| Comment(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

在りし日の聴音所はこのように観察されました

崎戸といえば炭鉱廃墟が有名ですが、
実はこのようなモノも存在します。
「日本海軍佐世保鎮守府・特設見張所」
2010-06-13_19.09.20_DCP_7369_640.jpg
さすがに外観のみで、設備は残っておりません。

2010-06-13_19.08.48_DCP_7367_640.jpg

ど〜も長崎の遺跡と言えば、炭鉱・軍施設・刑務所と
暗いイメージのモノがやたら多い気がするんですけど…

歴史は語ります。
実際住んでみると、あまり良くない意味で
他所との違和感を感じることが多い地です。
posted by しまりす at 23:18| Comment(2) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

MPX2もろもろ

■33MHz64bit:266MB/sの接続形態をとっており、ノースサウス間の接続にPCIデバイスを直接ぶら下げていくようなイメージ。
■AGP Compensation:AGPバスのデータ転送タイミングの延滞を補償する設定。
■MPX2でAPGグラフィックボードと3200Sを併用するには、VGA BIOSとSCSI BIOSの間に何かしのROMイメージを配置しなければならない。
■MOは日本以外では普及していない為、fireportなどのscsiアダプタではリムーバブルメディアとして認識されない。
■sis315のvideo biosを1.13.00に上げたらAMD760MPXでAGP4xが使えるようになった、但しMCLKが200MHzがdefaultになっているので要変更。
■意外にもAX6BCでFX5200が使えそう。逆に何故かMPX2ではFX5200が正しく表示できない。
■MPX2に玄人志向のFX5200を増設する場合、64bitバスにfireport20を挿していると正常に動作しない。(VGA16色でしか表示されない)。
■MPX2でSIS315を使用する場合、最新の351では3D表示がカクカクになる。30755をインストール後、ドライバーのみ309にアップデートするのがベスト 。
■3DMark99をWindowsXPで動作させるためにはDDRAW.DLLの置き換えが必要(3DMark_99_max_fix.zip)
■どうやらAMP760MPXはI/Oポートアドレス0201は使用不可能な模様。GAMEPORTがそこを決め打ちしているCMI8738は使用不可能?
■Adaptec 3200sにDDYS-T09170 x5をRAID0で接続、HDBENCH 3.30でREAD 120MB WRITE 100MBを達成。
■vista buisinessでvista standard グラフィックスを使うことは出来るのでしょうか?
■ddys-t09170での個体差。読込み速度はほぼ同一なのですが、書き込み速度にバラツキがある。2パターン位。
posted by しまりす at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

鈴鹿サーキット(第41回NGK杯 鈴鹿サンデーロードレース最終戦)

ウエストチャレンジカップST600に参戦中でキャンピングカー仲間の
中村貴克選手の応援に行ってきました。
予選15位スタートで、小雨のパラつく路面ウェットの状態から6台ブチ抜いて決勝9位。
ウェットですよ、ウェット。
転倒が続出する中、見事というかなんちゅうか…同じ人間とは思えません。
東コースでは完全にカワサキ特製"男ボタン"がスイッチオンされてたようです。
見事シリーズランキング2位をGet!!

来年は鈴鹿8耐にも復帰される予定とかでレース観戦の楽しみが増えました。
posted by しまりす at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

岡山 後楽園

紹介ページはこちら
2月になると、芝を焼いたり、松の菰を焼いたりと
何かと焼きたがる不思議な庭園なわけで。
日本三名園と言うモノがあるそうで、
金沢の「兼六園」
水戸の「偕楽園」
岡山の「後楽園」
とのこと、そうか栗林公園は入らないのか。
てなわけで、あと偕楽園に行けば三名園制覇と言うことに。
posted by しまりす at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉備津神社

紹介ページはこちら
国宝の本殿は屋根葺替工事中でした。
posted by しまりす at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ひらかたパーク

紹介ページはこちら
95年の歴史の幕を閉じる"大ぷりきゅあ展"、じゃなくて"大菊人形展"を見に行ったのでした。
posted by しまりす at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

浜坂県民サンビーチ

今回は浜崎県民サンビーチにてビバーグ。
紹介ページはこちら
posted by しまりす at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

夢さきのさと 農業公園

今週は「夢さきのさと 農業公園」でオートキャンプ。
紹介記事は少ないです。
ひっそりとオートキャンプ場(無料!!)が併設されてます。

森です、森。
2005-09-03_18.02.00_F1000003.jpg

木々の間に車を停めます。
2005-09-04_13.36.00_F1000020.jpg

割と標高の低い所にある森なので虫の数はスゴイです。
時間ごとにいろんな虫さんが大量に訪れます。
ウチの車(ヨーロピアンロフト)はバグネット(網戸みたいなモンです)を装着済みなのに、
網の目より細かい虫さんが車内に大量にお邪魔してきます。

ちなみに土日なのですが、他には誰も来ませんでした。
1台だけチョッと来てすぐ帰ってしまいました。

ってな訳でしたので心置きなく発電機を回して、クールサロンをかけました。
(標高が低いので結構暑い、それでも森の外よりは涼しい)

森の中なので、CS放送は受信できませんでした、なのでF1GPモンツァ予選は
次の日に加西SAにて再放送を見ることに。
050908_loft.jpg

虫が多かったので、同行したウサギを森に放つ計画は断念、うちょこは2日間
車内で暮らすこととなりました。

水道、電気が来ていたのでトイレは水洗、夜も気兼ねなくお手洗いに行くことができました。
近所の森の散策が楽しかったです、沢ガニさんもいらっしゃいました。

春、秋にはおススメの無料オートキャンプ場です。
posted by しまりす at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする