2015年06月22日

旅する個室、旅する食堂

2003-07-29_18.55.00_F1000106.jpg
寝台列車というものが、結構好きだったりします。
といっても寝台列車なら何でも良い訳でもなく、
“2人用個室”・“食堂車”・“ロビーカー”の3点セットが揃っているものに限られます。
近年では、「北斗星」・「カシオペア」・「トワイライトエクスプレス」の3つしかなく、
「トワイライト」は既に終了、年内には全滅といってもよいかもしれないです。
「ななつ星」などは、金額的に論外です。内容的にも旅人には関係なく、
金持ちの暇つぶし道楽用お召し列車であるので、鉄道史的にも全く無価値かと。
音楽を聴くと言う趣向から大きく逸脱した、無意味な超高級オーディオに似ていなくもない。

で、一体何が好きだったのかと言うと、
・移動する電車の中に一室があり、流れる車窓を見ながら一晩過ごす現実の中の非現実。
・移動する電車の中で、流れる夜景を眺めながら食べる夕食とお茶、
 何事もなく流れる異郷の朝景を眺めながら食べる朝食。
・寛ぐためだけにある、だけど何故か車内にあるロビー。
無理やりまとめると、あるべき場所ではない所に何故かある、組み合わせの妙なのかもしれません。
旅先にスタバ、旅先にイオンを求める人達が多いこのご時勢、理解は得られないと思います。

そう、間違っても寝台列車に求めはならないのは、
・ゆっくり寝る。(しこたまゆれる列車でぐっすり寝れるのはかなりの強者だけ)
・超美味しい料理。(狭くて揺れる厨房で、んなモン作るのは至難の業。
 でも、プレヤデスは美味かった。)
そう、列車にコレらを求めるのは、畠山選手に盗塁を求めるようなモンです。

短い豪華寝台列車の歴史の中、その季節を生きる事のできた自分は、
トライライトエクスプレス「スイート・ロイヤル」
北斗星「ツインDX・デュエット」
カシオペア「メゾネットスイート・カシオペアツイン」
と乗車する事が叶いました。
常に一緒に旅してくれるお嫁さんがいた事、
そしてこの先、乗りたくても乗れない事を思えば、かなり幸福であったと思えます。

廃止になった今でこそ明かせますが、プラチナチケットであるはずの
トライライト・スイートが取れた理由。
実は、JR西日本の旅行代理店のとある支店に行って一言、
「新婚旅行です」と言えば、なんとスイート事前枠が降ってわいて来るのです。
但し、挙式プランを申し込む必要はありますが。
ウチは小さな挙式プランでしたので、実に格安でスイートに乗れたのでした。
まぁ、人生で1度しか使えない手ですが、安価で確実にスイートに乗れる
唯一の方法だったのかもしれません。

スイートといえば最高級、と思われている方も多いかと思います。
当方も昔はそう勘違いしておりました。
以下、現役ドアマン彩雲4号さんのブログ
(大船モノレール休止中ではお世話になりました)より引用
“よく「スイートルーム=最高級部屋」と誤解されますが、
寝室とパーラー(リビング)と分かれているのがスイートなんです。
なので分かれていれば高級じゃなくても「スイートルーム」なのです。”


そう、だからこそカシオペア・メゾネットスイートはスイートであり、
北斗星最高級の個室はロイヤルなのです。

6/8、上野発北斗星へ乗車。残りの人生は長けれど、これが最後の豪華寝台での旅。
ロイヤルの夢は、ヨーロピアンロフトに引き継がれる。
clip_1.jpg
posted by しまりす at 12:19| Comment(0) | 旅人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

2015 F1 HONDA

第2期HONDAが強かった訳ではない。
池辺秀仁氏が凄過ぎただけ、それだけの話。
技術とはそんなモンだと思う。
posted by しまりす at 09:36| Comment(0) | のりもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

この日はカシオペア3番目を観察いたしました。

※寝台特急ではありません。それは来月に乗る予定なので。

2014/12/23 渋谷AiiA
まず最初に一言、卓がサイテー
せっかく大高さんがレスリー持って来てんのに台無しじゃないか!
野呂さんのフレットレスも死亡。
SB松田選手バリに“オレがやるー!!”と、叫んだ。
メンバーの皆さん、アレでいいの?弾く側と聴く側の論理の違いかしら?
ちなみに自分も元弾く側だが、全く納得いかん。

神保さんが書くなと言ったけど、敢えて書いてみる。
理由は、この名言を後世に残さずに居られようかという思いから。
「キングレコードと言えば、AKB、モモクロ、そして神保彰!」

ナルチョの“椅子に坐って”ソロ、感動いたしました。
8弦、ああ8弦、そうなのね。言葉にはできません、ただひたすら美しい。
よく知られている鳴瀬さんとこの言葉は一致しないと思いますが。
この方の奥深さを改めて感じ取ることができました。

久しぶりに生ノロさんを拝見いたしましたが、おなかがポッコリしてました。
生大高さんは初めて見ましたが、とってもかわいらしいですが、自分よりはるかに年上です。
大高さんは好きですが、もし吉弘さんだったらと思わずにはいられません。

実はわたくし、カシオペア3番目についてはあまり語ることはありません。
実はわたくし、カシオペア1番目についてはあまり語ることはありません。
実はわたくし、カシオペア2.2番目についてはあまり語ることはありません。

そう、語りたいのはカシオペア2.1番目
1.完成された、そしてこれ以上のない6オペレータ32アルゴリズム(多分)と、
 まだオリジナリティと言うものが存在した頃のPCM(SQRかしら?)の合唱。
2.初めて、野呂さんが“その人”と言うモノを重んじてくれた楽曲構成。
 そして、一歩間違えば葬送行進曲化しかねないマイナーコードの嵐で創られる
 (自分的には)素敵な世界。
3.極めつけは、日山正明さん!!

◆1.について
 向谷さん的には“FM音源は今の規格である限り未来はない”だそうですが、
 ハイ、その通りだと思いますし、それで構わないと思います。
 あの当時の向谷さんの作られた音色は、今のPCM系のような“何か”の音ではなく、
 紛れもなく、FM音源と言う名の独立した美しい楽器の音だったと思います。

◆2.について
 一般的に人気のカシオペア1番目では、ソレが全く感じられません。

◆3.について
 助走がないっ!!助走がないっ!!助走がないっ!!
 レギュラーグリップって、そんなっ!そんなっ!そんなっ!
 マシンガン!?ショットガン!?
 (完全に取り乱しております)
 自分的には菅沼さんどころではないです。
 ソコでソレをする、という所に意味があると思っています。
 聴くたび鳥肌が立つので、冬に聞くとある意味迷惑。

 神保さんは素晴らしいですし、櫻井さんも素敵です。
 でも、野呂さんのカシオペアでは日山さんが一番マッチしていたと思ってます。
 それは2.にも関係しているのかもしれません。
 
 そして、神保さんの場合も、ジンサクよりもラボリエルなのかもしれません。
 ラボさんのベースは歌いますが、その時、神保さんの太鼓も歌ってました。
 それは、ウチのかわいいお嫁さんも同意見。

まぁ、どだい音楽を言葉で語るのはムリだな。
意味不明な稚拙な表現のオンパレードになってしまった。
どうせ誰も見ていないので、好き放題書いてみた。

また演ってみたい、と言う気持ちはあるが(ZO-3とYIS-503IIは動態保存してある)、
どうせ下手っぴだし、今の自分の使命(?)は
「日の当たらなかったモノへの後世の評価のための動態保存」であると、
勝手に勘違いしている。
posted by しまりす at 14:48| Comment(0) | なんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

この日は負の連鎖から脱出しました(多分)

ウチのお嫁さん用のCIAO。
2年間くらい不動のままでした。
まぁ、4連敗から立ち直れなかったのが主な原因ですが。

1敗目…クラッチアウターのストッパーをぶち抜く。
   (抜けなかったから叩いた(爆))
2敗目…キャブの給油ホース接合部のボルトをねじ切る。
   (自作パッキンがショボかったので締め過ぎた(爆))
3敗目…クラッチインナーのかみ合わせ部をなめ切る
   (バリを取るとき削り過ぎた(爆))
4敗目…クランクシャフトのテーパー部をガリガリに削り取る。
   (点火タイミングの調整時にフライホイールの取り付けが甘かった(爆))

2号エンジンの復活は諦めました。
3号エンジンの購入に踏み切りました。
ちなみに1号エンジンは、ベアリングのガタが出ていてクランク重すぎ。
焼き嵌めの気力が足らないため、修理保留中。

PX用エンジンを9300オクレルで入手。
同じ出品者から、PX用のマフラーも同時に入手、2100オクレル。
エアクリ、キャブ、クラッチ1式付いてました。

…で、エンジンは見事に焼きついてました。
もちろん、出品説明にはそんなこと書いてません。
でも4連敗中なので、その程度では動じません。
さっさと2号エンジンの腰上と入れ替えます。

クラッチシューは減りが激しかったので、再利用不可。
マフラーは排気口に何故か土が詰まってます。
吸気口はカーボンで直径が半分くらいになってます。
もちろん、出品説明にはそんなこと書いてません。
さっさとガシガシして、叩きまくります。

と言うわけで完成しました。
DSC_0045_800.jpg

載せ替えます。
さすがに4連敗後なので、同じミスはしないように注意深く作業します。
極力ノーマルに戻そうと思い、
・JETをPX用#48
・強化クラッチスプリングを今回入手のノーマル
に変更しました。

何故か、全然ダメです。
ノーマルスプリングは、ある日突然低回転で繋がったりして、スタートできなかったりします。
結果、DIO用の強化スプリングに戻します。
#48はあきらかに濃度が薄すぎます。低回転でフガフガします。
P用の#51は濃すぎて高回転で打ち止めを食らうので、予め用意していた#50に切り替えます。
プラグは今まで使ってた通常形状のイリジウムより、絶縁体突き出し型の非イリジウムの方が
ツキが良い感じなので、今回は非イリジウムを採用します。
(突き出しイリジウムが一番なのですが、NOVIOで使用中なので)

うむ、良い感じになりました。
純正&ノーマルが全く上手くいかないのは、自分の腕が悪すぎるのか、何か勘違いしてるのか、
はたまた色んな部品がくたびれているので、ノーマルセットじゃ合わないのか?

まだ、メーターワイヤーをつけていないので、ポポロン的にどこまで復旧したのかは不明。
てか、そのままつけると何度でもワイヤーが切れるのよね。
何かとノーマルポン付けが上手くいかないバイクなんだわ、CIAOって。(ウチのだけ?)

でも、乗った感じ45ポポロンはちゃんと出ている気がする。
フルスロットルだと、50ポポロン行くかな?
それは、馴らし終わってからのお楽しみと言うコトで。

でも、何かクランクの回転音が大きい気がする、
振動はそんなに大きくなさげだけど…3号もベアリングがヤバイのかな?
1号と2号の2コイチで、もう1基エンジン仕上げといた方がいいかな?

続きを読む
posted by しまりす at 14:55| Comment(2) | のりもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

この日のdccは斯く如し…うんち食う編

何故かウチにdccがあるんですよ。
MDと共に全く興味は無かったのですが、ふとオクにてmarantz製dccを見かけまして、
更にソレが“アヒル七”搭載と来たその日には、まぁ手に入れるしかないかと。
ジャンクでしたが、最悪dcc部分が動かなくても、DACとして使用できるらしいので。

手に入れたのはDD-82と言う機種なのです。
Philips DCC900 や PANASONIC RS-DC10 と全く同一と思われがちですが、
実は一部異なります。
メカは配置以外ほぼ同一なのですが、肝心要のDAC部分が異なります。
marantz以外は、SAA7350のみの使用ですが、DD-82はTDA1547付加で
所謂“アヒル七”構成となってます。
上位機種にDD-92がありますが、DD-82と色以外何が違うのかは、今の所不明です。
DD-92は稀にオクに出現しますが、結構高値になりますね。

さて、その機体が完動品になるまではかなり長い道のりとなりましたので、
今回は小分けにしてエントリーしようかと。

まずは、殆ど語られることのない(多分この先も)、技術的な仕様などを語ってみようかと。
dccと言えば、デジタルテープ媒体の代表格のDATとは違い、固定ヘッドとなってます。
ヘッドを回転させずに、どうやって大量のBITデータを処理しているかと言いますと、
録再ヘッドだとこんな感じになります。
DCC1.jpg
上半分がデジタル処理用、下半分がアナログ処理用です。
なので、オートリバースしようとすると、従来どおりヘッドを回転させなければなりません。
アナログテープとの互換を考えなければ、上から下まで全部デジタル用のブロックにすれば、
回転させなくても良いんですけど。
(※RQ-DR9はどうなってるんだろう?リバース不可なの?)

半導体ヘッドですので、帯磁しませんので、消磁の必要はありません。
ってか消磁器使ったら下手したらヘッドが死にかねません。
たまにオクで、「メンテナンス済み、なんとヘッド消磁済み」と書いたdccが出品されてますが、
如何なモンでしょうねぇ。
ってか今更買う人も居ないと思いますが。
ってか仕組みも知らずにどうやってメンテしたんだ?

さらに細かく見ると、このように。
DCC2.jpg
ええ、ある意味懐かしの8トラです、正確には9トラですが。
音楽用データが8トラック使用、残りは所謂TOCとかが使用します。
音楽用データトラックは、1フレームにつき 12,288Byte
内訳は、
・純粋な音楽データ 8,192Byte
・補正用のパリティ等 3,968Byte
・著作権情報なと付加情報 128Byte
となってます。
上図のように、各フレームは同じトラックに連続して書き込まれることはありません。
テープですので、オレヨレ等によるドロップアウトは避けれませんので、そのリスク分散です。

圧縮方式がどうたらこうたらとかは、修理する上ではほぼ無関係なので割愛。
posted by しまりす at 18:20| Comment(0) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする