2014年09月08日

我が家の至宝

こと、FAIR MATE RD-6500 の音がおかしくなりました。
どう聴いてもモノラルにしか聞こえません。
ボリュームを回すと、爆音が出たりもします。

今更世界初公開。
clip_4.jpg
東芝TAP7240APが使われております。
カーオーディオとか、秋月キットに使われていたらしいです。

ボリュームをばらしたら、スライダーがポロリ。
以前の経験で、瞬間接着剤では固定できないのは分かっているので、
エポキシでがちがちに固めました。
clip_2.jpg

整形後。
clip_3.jpg

アンプ界の巨匠の真似事で消しゴムでゴシゴシして、接点グリスを塗布して完成です。
clip_1.jpg

よく売れたと思われるこの個体も、日本での完動品現存はウチぐらいかしら?
さすがにノーメンテで動く年式ではないし、この製品を手入れして使用し続ける人も、
まずいないでしょう。
チェコだと思われますが、ソコでは「日本の一流メーカーのラジカセ」として紹介されてます。
ちなみに海外名は ASAHI RD-830 です。
ネット上で、毛唐どもには高評価な記事がいくつか見受けられますが、
ご本尊では、ウチ以外全く見当たらないのが至極残念な限りです。
本当の意味での、日本的な価値のある製品だと思います。
posted by しまりす at 13:45| Comment(5) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

おでお熱

よく「オーディオ熱、再発」とか聞く。
物理的な熱ではなく、情熱の方ね。
40歳以降の方に多いかしら。

そういえば、ウチはその手の熱はないな。
その手の方々でよく聞くのが、一旦熱が冷めたので機器を手放し、
再度入手し始めた、ってな話。
ウチは元から熱くなってないので冷めもせず、
気が付けば、ほぼ20年以上同じ構成で、黙々と気に入った音楽を聴き続けている次第。
スペックとか気にしたことがない、ってか興味なし。
納得できる音が出れば、それでよし。後は現状維持に勤しむ。
納得できる音の基準は、自分の感覚的に違和感がなければ良し。
ちなみに、感覚はガキの頃から生音にドップリ浸かってきたおかげで身についたもの。
(※電子楽器ではないよん)
ん?逆にその辺の感覚を持たない人の音の良し悪しの判断基準って何だろ?

変わらないものリスト
・オーディオラック
 18位の頃買った、ダイエーの見切り品。
・アナログレコード
 SHURE M-24H (高校生の時に入手、針交換のみで現在も使用中)
・アンプ
 marantz PM-74D (20前後で入手、STK3102はお約束で死亡したけど、交換して復活)
・スピーカー
 JBL S-117 (20前後で入手)
・CD
 marantz CDV-770 (20前後で入手)
 コレに関しては、今思えば納得行ってなかった。なのでCDとLPがある時代は、
 LPの方を買い続けていた。
 最近、CDV-780を入手して、”ああ、CDって音いいんだ”と今更納得。
 多分、これ以上良くなっても、我が駄耳では判別不能なのでコレで満足。
・DAT
 DENON DTR-80P (20前後で入手)
 コレに関しては、当時から納得行ってなかった。なので録音はすれど、聴いてウンザリな日々が
 20数年続いていた、
 最近、DD-82を入手して、DATのデジタル出力からDD-82の「アヒル七」を通すと、
 ”ああ、DATって優秀”と今更納得。

自分的結論としては、デジタル媒体はどれが良い悪いはなく、
お気に召したアナログ変換機に出会えれば、皆OKな訳で。
てな訳で、DD-82にポータブルなデジタル媒体がウジャウジャぶら下る結末にw
デジタルトランスポートは、大きくなったからと言って音が素晴らしく良くなるわけでもなかろう。

往々にして、スペックとそれに伴う数値的な何かに拘る方々が、瞬間的に熱して、
更にコレに右向け右部隊が追随するわけで、ある一定数値が満たされると、冷めて去って云々。

本来、性向的には48管に息吹、右手に4本ピストン、左手にラケット、股下に2stV3なのだが、
24時間の半分以上、会社に住んでいる程度の身分の者としては、
現状で必要にして充分満足とすべきなのであろう。
いゃ、家に帰ればキンクマ嫁が待ってる訳だし、これ以上の幸せを望んだら天罰をくらうか?
posted by しまりす at 14:40| Comment(4) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

この日のdccは斯くの如し(ポータブル、今風だとモバイル?編)

ついに我が家にもデジタル化の波が押し寄せてまいりました。
dcc(爆)
こないだ(訛ってます)、MDも来ました。
何か文明開化の音がします。
で、モバイル編と銘打ってますのは、据置機と可搬機を両方入手してしまったからでして。
PHILIPS DCC130
2014-04-09_23.34.55_DSC_0008_800.jpg
モノはpanasonicのRQ-DP7と同一かと思われます。
オクにて完璧な動作品ってコトで入手。
音は辛うじて鳴っていましたが、音楽として聴くにはチト無理があるかなと。
出品者さんのblogもあったので、拝見させて頂きました。
半年前位の記事でしたが、圧縮音源がどうのとか、音に厚みがとか書かれてます。
本気で完璧な動作品と思われているようです。
2014-04-07_20.04.55_DCP_9973.jpg
お漏らし終了。
多分、輸送途中にたった1日でドライアップしてしまったのでしょう。
四級塩だと思うのですが…
ちなみにこの方、dccとMDとDATの音の違いが判るそうです。
こないだ(またなまってる)、CD,MD,DAT,dccをアヒル七で聴くってなテストを実施したんですが、
自分にゃムリっす。
でもね、抜けコンと正常モンの音の違いは判りますw

気を取り直して、胃が痛くなる作業を開始します。
2014-04-09_00.34.38_DSC_0005_800.jpg
完成しました、胃薬2袋消費。
そういえば、よく高級コンデンサに変えたら音が良くなったって聞くけど、
あれって単純に「容量は同じだけどESRの違う」モノに取り替えたから、
RC時定数が変わったってオチな気がするんだけど、違うかしら?
ってなわけで、上の写真のようなシロート修理ではオリジナルの音からは遠ざかってしまいます。
でも、ドライアップしたモンよりは良い音でなってくれると思うのです。

感想を述べます。
・DCC…良い音です、以上。
・アナログカセット…ビビリます。
え?何がって?いや、薄膜ヘッドの能力に、ですよ。
大体、デジタル記録で固定ヘッドって、自分の中ではメインフレームとかオフコン用のMT装置しか
記憶にないのだが。
この細いテープでかつ、低速走行で高密度って言うだけでトンデモ技術なわけで。
自分的には、回転ヘッドは単なる力技なので、そう言うのってあまり好みではなかったりして。
後、MDの、MOで散々しこ使い古された枯れ技術をさも“新規格”みたいに打ち出すのも、
晩年のSONYらしくてねぇ。

話が逸れた。
いや、その音が凄く良いとかじゃなくて、その薄膜ヘッドの
ピックアップ能力って言うんですかね?何か記録された磁気をくまなく拾ってる感じ。
根拠は、ほれ、普通磁気ヘッドって高域減衰がかなりあるから
EQ補填で持ち上げてるじゃないですか。
(※14/4/11補足、エロい人発見!N社と他社の違いまで解説してくれてます。
 自分もココまでは分からんかった。コレコレ)
まぁ、アナログ盤で言うところのRIAAカーブみたいなものかと。
どうもそれをやってないっぽいんですよね。
シングルキャプスタンの可搬機なのに、全くドロップアウトもしないんだわさ。
ちなみに音楽的に素晴らしいとかではありません。
ただ、素性はトンデモなので、このヘッド使ってハイエンドアナログカセットデッキとか
作っても面白かったんじゃないかなと思うわけで。
自分、偉い人だったら絶対やるな。採算とか知らん、可能性を見てみたいだけ。
レーザーターンテーブルみたいなもんか。

脱線します。
カセットテープの音が良く聴こえる要因の一つ。
上でもチョッと触れたけど、EQ補填で持ち上げてる時かなり強引なので定位がなくなります。
コレが、点音源が面音源に変わっちゃって、かなり心地よい高域に感じられる。
左右とも同じ持ち上げ方なので、リサジュー上では位相ズレが発生していないように見える。
こんな感じじゃないかなと思う。
聴く側の好みではあるが(割と自分もこのトラップは気に入っている)、レコ人やミキ人からは
意図しない状態(パンしても無意味だし)となっているので、彼らからは不評かもしれない。

閑話休題
モバイル編はこれで終わり。
据置版は、当方仮にマランツカセット博物館を名乗ってる以上、
当然アレなのです、アヒル七です。
posted by しまりす at 20:29| Comment(2) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

生コーラ

って何だ(笑)?
そもそも“生ビール”の正確な定義が「熱処理をしていないビール」だそうな。
なので、瓶ビールでも缶ビールでも熱処理してなきゃ生ビール。
が、実際の所は「ビールサーバーで、お店で炭酸混ぜたヤツ」が生ビールと呼ばれてるわけで。

ん?ってことは、よくファミレスとかのドリンクバーに置いてあるヤツ、
カップでのむジュースのヤツね、アレってその場で炭酸混ぜるから
“生コーラ”(生メロンソーダも可)じゃないか!

要するに何が言いたいのか、
単に「生コーラはうまい!!」
絶対、瓶コーラとか缶コーラよかうまい。
まぁ、世間の多くの人が「生ビールがうまい!!」ってのと同じかと(そうなのか?)
それだけなのでした。

ちなみに自分にとってコーラとメロンソーダは命の水(アクアウィタエw)なのだ。
posted by しまりす at 14:26| Comment(4) | なんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

最近のドフはこのように収穫されました

何か最近、イミフ投稿ばっかしてるので、本業(?)に戻ります。

・収穫1 SONY WM-505(3ドフ) 1988年
2013-11-22_00.32.18_IMG_5420_800.jpg
キレイだったのと、ガチャメカだったのと、単3の電池ケース付きだったので捕獲。
ワイヤレスレシーバーは付いてませんでした。
不具合は各ギヤ固着と各接点酸化のみ。
ベルト交換してフツーに聞けるようになりました。

・収穫2 SHARP MD-DS55 (10ドフ) 2004年
2013-11-22_00.29.47_IMG_5415_800.jpg
人生初MD(爆)、MD生産終了記念に購入。
色のキレイさ、単3電池ケース付き、そして「再生できました」のコメントを信じて捕獲。
もちろん再生できませんでした。
ピックアップ駆動用のギヤ変形。何とか修正して復活。
これもまたリモコンありませんが、あっても使わないので全然OK。
フツーに聞けるようになりました。

・収穫3 ゲームボーイ アドバンス (5ドフ) 2001年
2013-11-22_00.33.53_IMG_5422_800.jpg
人生初GB(爆)
どうしても“ハムスターパラダイス”がやりたくて購入。
電池ケース腐食と各ボタン接点酸化のみ。
ちなみに「ハムパラ」1ドフ、「ハムパラちゅ〜」3ドフ(箱・説明書付き)
何故か、うちのお嫁さんがメインで楽しんでおります。
ハム車輪でもらえる“よぶベル”の使い方が分かりません。
ご存知の方教えてください。
posted by しまりす at 15:54| Comment(0) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする