2013年01月12日

とある日に、モジューラーがやって来ます。

いや、高速増殖原型炉の方々がいらっしゃる訳ではないのですが。s-3000.jpg
つい、パタパタに惹かれてまして…
もんじゅらーで、CrO2対応も珍しいのではないかと。
かなり本格的な予感。
負けないぞっ、多分…←にw
posted by しまりす at 00:08| Comment(2) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

この日の音楽恋人は050でした

全国に33人、多分いないと思われるSONY WA-33ファンのみなさま、お待たせいたしました。
ってかWA-33って何?と思われた方は以下参照。

TVCMしてた割には、あまりにもマイナー機種なので、少々解説を…
初代WALKMANことTPS-L2は、海外では"WALKMAN"ではないことを
ご存知の方もおられるかと。
米国では"SoundAbout"が本名となります。
日本で言う所のWALKMAN2が、海外的には初代WALKMANだったりします。
で、2代目SoundAboutがコレ↓
IMG_0200.jpg
※stereo2goより転載

日本名:”音楽恋人 ステレオゼロハン”
泣けてきます、こんな名前で売れるハズがありません。
デザイン的にはサイコー(主観)なだけに…
2012-09-03_00.23.03_IMG_4746_800.JPG
ついに3台そろいました。
ああ、なんて美しい…(主観)

シリーズ的には、
・モノラル WA-11
・3色あるよ、WA-33 \33,000-
・ステレオマイクも内蔵しました、でも色は紺しかないのよ。WA-55 \37,000-
WA-55は、発売当初はSTEREO55(コレもどうかと…)でしたが、
WA-33,11発売時にゼロハンシリーズに組み込まれました。
ちなみに、METAL再生可能なのはWA-33のみとなってます。
なので、WA-55には全く興味ありません。
(再生のみなんだからEQだけの問題じゃ…ってな突っ込みはなしでw)

お約束の記念撮影
2012-09-03_00.27.04_IMG_4748_800.JPG

中はこんな感じ、集積回路はほとんど使用されておりません。
2012-08-16_22.19.32_IMG_4689_800.JPG
メカは丈夫なので、ほぼベルト交換のみで復活します。

ボリュームは百発百中、死んでます。
2012-08-19_22.29.53_IMG_4690_500.JPG
分解して、消しゴムでゴシゴシします。
右:ゴシゴシ前、左:ゴシゴシ後

ヘッドは段付磨耗しやすいようです。
2012-08-19_22.50.33_IMG_4692_800.jpg
フラットにすると、見違える(聞き違える?)ような音になります。

パールホワイトは、デッドストックを入手したのでした。2012-09-03_00.37.30_IMG_4749_800.jpg
ちなみに、WA-33 某オクで稀に出品されますが、
自分以外の人が落札したのって、1回くらいしが見たこと無いような…
写真には写ってませんが、もう一台部品取り用があります。

最後に、カセットテープファン垂涎のスペシャルショット!!
2012-09-05_22.41.38_IMG_4752_800.jpg
あ、垂涎してるの自分だけだった。。。
いいんです、分かる方に分かって頂ければw

ちなみに3台とも完全動作品に仕上げました。
交替制で通勤のお供を致しております。

ああ、また無意味な記事作成に時間を費やしてしまった…
posted by しまりす at 22:59| Comment(3) | おーでお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

かつてマウスのねずみカバーがありました

もとい、ねずみのマウスカバーがありました。
証拠写真
2011-08-14_18.36.43_DCP_8466_640.jpg
左:初代 1990年頃購入
右:二代目 2011年購入
2011-08-14_18.53.03_IMG_4336_640.jpg
商品名:マウスカバーチューボウ
定価:1,580円
で、長い年月を経て
2011-08-14_18.46.09_DCP_8470_640.jpg
250円になりました…
250円の値札の下には薄っすらと600円という数字が見えます。
その下には、はがされた値札が。
一体何年間、在庫としてお店にいらしたのでしょうか?
posted by しまりす at 19:21| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

今更VAIO PCG-SR9/K

■OSインストール直後のSONYデバイス(OSに付属ドライバー)
◎ヒューマンインターフェースデバイス
・Sony Notebook Control Device
 (SonyNC.sys 6.0.0.05300)
 無効不可
 LCD輝度調整等?
・Sony Programmable I/O Control Device
 (SonyPI.sys 6.0.5.07140)
 (SonyPI.dll 1.5.090699)
 無効可
 HKserv(輝度・音量調節等)
 JogDial
 MEGABASSの設定

■WLCB54GT無線LAN設定ユーティリティーを使う場合
 NETWORKのプロパティ"Odyssey Network Services"のチェックを外す。
 "Windowsでワイヤレスネットワークの設定を構成する"のチェックを外す。
 NITROはIntersil同士の通信でないと効果を発揮しないのでOFF

■IE6の部分IE8化
◎regsvr32する
 vbscript.dll
 jscript.dll
◎コピーのみ
 jscript.dll.mui(SP3以降?)
 jsproxy.dll

 mshtml.tlbは右クリックプロパティができなくなる。
 mshtml.dllは開かなくなる。

■DEP無効化
 boot.ini
 /noexecute=optin → AlwaysOff

■ビデオドライバー
 direct3DとAGPテクスチャアクセラレータを使用可能なのはVideo60200T.exe
 NM2380_1_7_2002.exeは非対応

■タッチパッドドライバー(TouchPad_535056b.exe)
 SP3使用時はJREコンフリクトを起こす?
 違う、原因はPowerPanelだ。

■モデムドライバー(Modem_30525d.exe)
・infの[DestinationDirs]が、30,"Program Files"\CONEXANT\ でC:固定になっている。
 16422,CONEXANT\ に修正。
 同様に[CoInstaller_AddReg]も、%30%\"Program Files"\CONEXANT\ になっているので、
 %16422%\CONEXANT\ に修正。
・SONY推奨手順でインストールすると、K56ロードエラーとなる。
 HXFSetup.exeでインストールする事。
 以下の停止デバイスはモデムのテスト完了後の再起動で表示されるようになる。
◎停止デバイス
 Cnxtdiag 自動→要求
 Fallback 自動→要求
 Fsks 自動→要求
 Softfax 自動→要求
 Tones 自動→要求
 V124 自動→要求
 Remote Access Auto Connection Driver システム→要求
◎停止サービス
 Remote Access Connection Manager 手動→無効(起動している場合)

■サウンドドライバー(YMF754B_512015244.exe)
■SnyUtils(SnyUtils_220008310.exe)
 ソニーノートブックPC用アプリケーションで使用される共有DLL
 SnyUtils.dll(2.2.00.08020)
 ↑value.shlより抜粋
■Sony Shared Library(SonySLib_2070007120.exe)
 所謂Sonyチェック
◎Sony DMI Call service システム→要求
 ・DMICall.sys
 ・DMI_pc_info.(dll&exe)
 ・DMI_sonychk.dll
 ・PC_INFO.(dll&exe)
 ・SxBios.dll
■Sony Notebook Setup(SNS_210007170.exe)
 Win上からBIOS設定
■Hotkey Utility(HotKey_210007170.exe)
 RUNからHKSERV.EXEを削除、Sony Notebook Setupにショートカット作成

■PowerPanel(PowerPanel_410S009XB.exe)
 スタートアップのショートカットを削除(同一)
 電源オプションの電源設定を"ポータブル/ラップトップ"に戻す
◎biosview システム→要求
 PowerPanel使用時のCPU ratio 自動変更
 停止時はPowerPanelからCPU制御の項が消える
 制御がP3.sysに移行、スタミナ・AC等の電圧・クロック固定項目を選択しても
 変動するようになる。
 ※JREコンフリクトの原因はコイツだ。
  biosview止めても常駐解除しても別途何か掴んでるっぽい。
  解析するのもアホらしいので使用禁止。
  デメリットはバッテリー充電回数の確認ができないこと。
  拡張版SpeedStepのようなCPUの負荷変動ができなくなること。

・PowerPanelをインストールしないと
 [\HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\P3\Parameters]
 が作成されない。
 HackFlags DWORD 2を作成(440ZXなのだか)
 AC時は常に100MHzX6(負荷変動が行われない)
 バッテリー時に 100MHzX5
 バッテリーの最大利用で、40MHzX5
 0,2以外では倍率変動が不可
 PowerPanelインストール時は何故か5

■JogDial(JDU64003.exe)
 RUNからJOGSERV2.EXEを削除
 RUNから削除しても、HKSERVを起動すると連動して起動する

■コントロールパネル DS-XGの設定
 電力消費の程度:普通に節約
■USBフィルタードライバ
 wlcb54gtu2_filter.exeからCGEHFLT.SYSをインストール
■MGメモリースティックドライブ
・ディスクドライブでSONYSDSK.SYS導入
 Memory Stick Driver ブート → 要求
・USB Memory Stick SlotでSONYUSBL.SYS導入
posted by しまりす at 13:37| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

今更XP SP3

■以前、作成したXP SP3のCDからセットアップができない件。
 前回はCD-ROM BOOTだったけど、今回はDOSからのセットアップ。
 ●ファイルのコピーで失敗する。
 cyclad-z.inf
 cyclom-y.inf
 sv-262e1.png (同e3,e4)
 他にもUtopia~*.wavとか

 CD-ROM BOOTだとLFNドライバ組み込まれるから、Joliet読み。
 DOSからだと、ISO9660読みで"-","~"が全て"_"に。
 焼く前のISOイメージ作成時の問題。

 ●GUIセットアップに入ってからのエラー
 エラー
 SXS.DLL
 Installation Failed C:\$WIN_NT$.~LS\I386\asms.
 Error Message:これ以上ファイルがありません。

 ISO9660だと深い階層のディレクトリは作成不可…

 焼く前のISOイメージ作成時の問題。
 mkisofsに以下のオプションを追加。
 ・-relaxed-filenames
  ISO9660ファイル名に小文字を除く全ての7ビットASCII文字を含むことを許可。
 ・-no-iso-translate
  ISO9660ファイル名に於いて不正な文字である'#'及び'~'の置き換えを行わない。
 ・-D
  深いディレクトリ階層の再配置を行わず、そのままの階層で作成。
 ・-l
  ISO9660ファイル名を31文字まで許可。
 ・-d
  ファイル名末尾のピリオドを除外。
 ・-allow-multidot
  ISO9660ファイル名中に2つ以上のドットを許可。
 ・-duplicates-once
  内容の同じファイルの実体を1つにまとめてしまう。
 ・-allow-leading-dots
  "." で始まるファイル名を許可します
 ・-iso-level 4
  ISO-9690:1999
  1.ディレクトリ階層の深さ制限が無い。
   (ってことは、-D を指定する意味はない?)
  2.ドットを含まなければならないという制約が無い。(ドットは特別な意味を持たない)
  3.ファイル名にバージョン番号を持たせる必要が無い。
   (ってことは、-N:"ISO9660ファイル名からバージョン番号を除外"
    を指定する意味はない?)
  4.ファイル名、ディレクトリ名は最大207文字
   (ってことは、-l を指定する意味はない?)


  mkisofsやめました。
  XP SP3からはmkisofsではしんどい。

 ●MS謹製cdimage.exeに切り替えました。
  オプションは煮詰めてませんが取り敢えずコレで何とかDOSブートセットアップもOKに。
  cdimage -lWXPSP3_JA -h -n -o -m -b.\%tmp_wxp%\image1.bin .\%tmp_wxp% %iso%

■容量が足りません。
 Cドライブ2GB
 編集箇所はC:\TXTSETUP.SIF
 最後の方の
 ・TempDirSpaceXXX=下1桁削除,下1桁削除
 ・WinDirSpaceXXX=下1桁削除
posted by しまりす at 01:29| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする